n-search.net

カードローン審査

カードローン審査 > カードローン審査

銀行のカードローンを利用するためには

銀行のカードローンは、審査が厳しいといわれています。たしかに、消費者金融では審査をパスした人が、銀行のカードローンなら落ちてしまうことは見受けられます。なぜ銀行のカードローンは審査が厳しいのかというと、信頼のできる人にしか融資しないからです。審査基準を緩めて多くの人に融資をすれば、銀行は儲けることができます。

しかし、融資をして儲けられるのは、融資をした相手が返済をしてくれたからです。相手が返済をしなければ、銀行にとってはカードローンで儲けるどころか赤字になります。返済能力が低い人に融資をしてしまうと、銀行にとっては不利益になるだけなのです。ですから、銀行のカードローンでは審査基準を厳しくして、返済能力の高い人にしか融資をしていません。その結果、消費者金融よりも、審査が厳しいといわれているのです。

それでは、銀行の厳しい審査基準をクリアするためには、なにが必要になるのでしょうか。銀行のカードローンの審査基準は公開されていませんが、大きなウエイトを占めているのは収入でしょう。収入が低ければ低いほど返済能力も低くなるので、当たり前のことといえます。また、返済能力を確認するために、職業についての基準もあります。フリーランスなどは不安定な職業のために、銀行にはあまり良い印象は与えません。

契約社員やアルバイト、パートも不安定とされて一般的には収入も低く、収入のない無職などは問題外です。こうした不安定な職業に就いている人は、まずは正社員にならなければいけません。また、正社員でも勤続年数が短いと印象が悪くなるので、新入社員などは不利になります。カードローンを利用するなら、安定した収入と職業など必要なのです。

  •  
  •  
  •  
  •  

Copyright カードローン審査 All Rights Reserved.