n-search.net

カードローン審査

カードローン審査 > カードローン審査

審査基準の特徴

現金融資を行うには銀行が取り扱うカードローンと消費者金融が取り扱うキャッシングローンがありますが、審査基準に関しては異なる部分が多いため、属性に合わせて利用することが必要です。

銀行カードローンとキャッシングには共通点も多く、利用方法もほとんど同じになっているため区別がつきにくくなっています。基本的にはどちらの場合でも返済能力の有無が重視されることになりますが、銀行カードローンでは収入や勤続年数、勤務先などの属性が重視される傾向があります。

一方でキャッシングの場合にももちろん年収が審査基準となりますが、収入が多いことよりも安定した収入があるかどうかがポイントになってきます。

キャッシングでは安定した収入があれば、主婦でもアルバイトでも利用することが可能です。現在では銀行カードローンも200万円までは収入証明書が不要で申し込めるものもありますが、審査に通ったとしても融資可能額は低く設定されてしまいます。銀行カードローンでは総量規制の対象外となるため、年収などの属性が満たされていれば高額融資にも対応できるメリットがあります。

キャッシングでは総量規制によって借入額が制限されてしまいますが、年収が基本となっているため審査に通りやすくなっています。しかし融資額については高額融資には対応できないのが普通ですし、上限額は300万円となっているのが一般的です。銀行カードローンでは500万円から800万円までの融資上限額となっていますので、条件さえ満たせば高額融資も可能なのです。

消費者金融では審査に問題がなければその日のうちに融資が可能となりますが、銀行カードローンは審査に時間がかかるため急ぎの場合には向かない融資と言えます。

  •  
  •  
  •  
  •  

Copyright カードローン審査 All Rights Reserved.